肩こりで悩まされている方は、たくさんいらっしゃると思います。肩こりを引き起こす原因として、ストレスや筋肉の緊張などがあげられますが、冷え性も肩こりを引き起こす原因の一つだと知っていましたか?冷え性だと、体全体の血流の循環が悪くなることで、筋肉に老廃物を溜めこんで硬直させてしまうので、肩こりを引き起こすのです。冷え性と聞くと冬をイメージしますが、もちろん、冬の寒い時期に体が冷えることで筋肉が硬直することもよくあります。しかし、冷えは冬だけでなく、夏でも起こりえるのです。それは、冷房が原因の冷えです。冷房のきいたオフィスやお店などで過ごすことが多くなる時期ですので、夏も冷えには注意は必要なのです。肩こりでお悩みであれば、まず、冷え性対策を行ってみて下さい。冷房のきく場所では、必ず一枚カーディガンやシャツなどを羽織る工夫をしてみるのも良いですね。簡単に脱いだり着たり出来るような物の方が、上手く体温を調節することが出来るはずです。仕事中は長時間同じ体勢でいる場合が多いので、肩や腕を回すなどして、筋肉が凝り固まらないように、血行を流すように心がけてみましょう。今日は体を冷やしてしまったなぁ・・・と思ったら、やや熱いと思うくらいの温度のお湯で足湯をしてあげると体全体が温まります。5〜6分、足をつけてあげるだけでも、体をかなり温めることが出来ますよ。また、体の外側からだけでなく、内側からケアすることも出来ます。野菜サラダよりは煮物や温野菜、野菜ジュースよりは野菜スープなど、体の内側から温めていく工夫もしましょう。